木を扱っています。といっても漠然と、,,,

自分の写真
nagoya, aichi, Japan
1956年、名古屋産、工学系、我関せず、刳るものは拒まず去る者は追わず、淡々、

2015年5月17日日曜日

頼朝杉で

樹齢八百年の巨木からだと、いろいろな表情がみえます。以下はどれも一本の木から切り出した杢目です。一番外は白。細かい年輪です。濃い色や、ゆがんだ杢目は、木の生きた永遠の時間の、様々な事件を思い起こさせます。

0515 026

0515 007

レーザーでストラップに印字をします。記念品として販売されます。

0515 006

0 件のコメント: