木を扱っています。といっても漠然と、,,,

自分の写真
nagoya, aichi, Japan
1956年、名古屋産、工学系、我関せず、刳るものは拒まず去る者は追わず、淡々、

2008年12月31日水曜日

視覚、聴覚、と、イメージのこと

針金細工やに、似顔絵を作ってもらった。バックは黒い紙で、細い針金でくくりつけてある。一筆描きではない。人の顔を2値化する(モノクロにする)とこんなふうに輪郭が浮かぶのかな。

こういった物に至る道筋は2つあると思う。一つは実際に見えている像から、データを省いて簡略していく方法、投影したり、強調、省略など。もう一つは、見る人がどうのように認識するだろうかと言う観点から造り上げていく方法、作者の頭の中で造り上げる形状がある。この写真は、どうも後者のような気がする。つまり、目、鼻、口などの境界線を全体像から取り出していると言うより、個別に識別したものを並べている感じがする。ある輪郭を見るのと、それに目、口、花、頭、という具象をリンクするのは、頭の中で扱う部署が違うのだ。

KC3A0005s

”日経サイエンス 別冊157 感覚と錯覚のミステリー 五感はなぜだまされる” という書籍には、視覚障害者でも絵を描くことを楽しんでいる、と言う事例が載っている。視覚情報はないけど、触覚情報、から取り込んだイメージは、視覚健常者と同じような領域で認識され画像処理されているとしている。つまり、私たちが昔の風景を思い出すように、視覚障害者でも触覚情報を画像として認識しているらしい。

記事では、ペンでなぞると線が浮き出てくる装置を使って、視覚障害者に絵を描かせていた。人の顔を手でなぞって輪郭を線画にしていた。”お絵かきはたのしい”そうだ。

早川ノンフィクション ”オリバーサックス~火星の人類学者” は、脳に障害を持った人たちの様子を書いた名著だ。そこで、生まれつき視覚や聴覚に障害がある人を、医学手法によって回復させた記事がある。しかし、成長してから始めてモノを見たり、聞いたりした人のほとんどは、追加されたノイズに耐えきれず、結局元に戻ることを望んだという。訓練無しに、いきなり視覚なり聴覚情報を処理することはかなわない。単にまぶしい光だったり耐えきれない騒音を感じるという。だれもが新しい刺激に絶望し、元の安息へ戻るという。健常者の見る像や声、音は、高度に処理されたプログラム出力の結果であると知らされる。それを生まれつき持っているという訳ではないのだ。

にわか健常者は、結局本来の障害者として平穏な日々を送っている。見えない、聞こえないというのは障害ではない。そういった仕様なのだ。脳の中では、それなりに捕らえられた信号を、生活する必要な情報として、うまく処理するシステムが育っているのだ。もちろん、事故によって突然そうなった人とはもちろん、意味が異なる。

世界の多くのモノは単独で機能し、変化するのでなく、それぞれの系(システム)の中でバランスを取りながら存在している。傾きや偏差は補正され、刻々変わりゆく環境に対して代謝をして変化している。

同じ物を見て捉える意味は全く異なっても、同じようにおもしろく、楽しんでもらえるかも知れない。針金細工はそう言った方々の趣味とならないかなあ、というお話しでした。

2008年12月11日木曜日

木燃焼の怖さ

DSCF1830st DSCF1831t

写真は、剪定枝ペレットの燃焼と、右はその燃えかす、”クリンカ”と言われるもの。普通の燃焼と違うところは、木質ペレットの場合は燃える都度に粉末になって形が崩れる。下には粉状の灰が溜まるだけで、それも空気の流れによって隅へ飛ばされて平らになる。しかし、剪定枝、樹皮などの木質以外の部分が多いペレットでは、燃え尽きても形が残ったままで、だんだんと上へと積もってしまう。私のところの自然落下型のストーブでは、この上にあるペレットストックまで火が移り、大変なことになってしまう。電気で灰を送り出すタイプでは、このクリンカの処理はできないだろう。

PAP_0045 PAP_0038

産業用の木質燃焼炉へ、ペレットを投入したときの苦情も聞いた。木質以外や高い比重のペレットは、燃え尽きないで灰室へ出てくる。本来はすっかり燃え尽きた状態で回収されるべきところへ火が着いているのだ。新たな質の燃料を燃やすときは、十分な注意と観察が必要だ。

木質燃焼では、ガスの発生量も要注意だ。木材の燃焼は時間順に、過熱、可燃ガスの発生と燃焼、炭素部分の燃焼という事になる。この時可燃ガスについては十分な注意が必要だ。可燃ガスが煙から炎へ変化した瞬間、体積が数十倍に膨れる。これがいわゆる爆発だ。最初から炎が見えている状態(安定した燃焼)では、発生したガスが順次燃焼されていくので、膨張分は定量で煙突へ排出されていく。

しかし、炎が消えてから燃料を投入するのは大変危険である。熱せられたところへ木質分が入れられると、ガスが発生する。しかし炎がないので着火せず可燃ガスが溜まる。温度が上がるとある点で着火する、体積が膨張し爆発と供に熱風が吹き出す。とても危険だ。あるいは酸素濃度の低い状態でガスが発生しており、着火温度を過ぎても酸素不足のため燃焼しない。そこへ例えば通風口を空けたりして酸素が入ると一気に燃焼へと移行する。いわゆる"バックドラフト"という現象だ。数百度の熱風は瞬時にローストができあがる。煙が見えている状態で扉を開けてはいけない。

薪などのかたまり、隙間が多く通風の良い燃料でもこれは起こるが規模は小さい。程度が大きいものは粉状のもので、熱を受けるが空気を通さない。更にペレットなどの密度の高いものは、ガス発生量が極端に多い。煙の量を見るとそれがわかる。

DSCF3799t DSCF2356

その点炭は安心だ。炭は可燃ガスの燃え尽きた燃料、可燃性だがガスを出さない。炎が出ないから穏やかで安定した発熱を行う。熱の範囲も一定なのでコントロールしやすい。

私の仕事~木質ペレットのこと

MVC-661F  MVC-652FDSCF4878t

フラットダイ式ペレタイザー。左下の機械。試験機で20kg/時の能力。上右は成型出口。これは樹皮。

 ペレタイザアース   CPMPellet

上右は、リングダイ式ペレタイザー。500kg/時間のもの。遠くの某工場でフルタイムで10t/日生産している。下左は成型出口。円筒の中に木粉を入れて穴を通して外へ押し出す。下右は、ブリケットとよぶ圧縮材。計は60mmくらい。木、紙、竹、プラ、何でもできるらしい。

DSCF1699DSCF4899t

下は、オガ炭、オガライト。製法はブリケットとは異なるが原理的にはブリケットを炭に焼いたもの。堅く固めてあるので、”備長炭”としての実用がある。左は焼き釜から出した直後、右は冷えたもの。形の良いものを製品にする。

P1000335stP1060120s 

いずれの方法も、製造時に厳密な粒度と含水率が要求される。そのコストは多くの場合売り値を上回る。

私の仕事 機械開発~木工機械

purekatto

製材業の長男なんです。父は機械好きで、それを曳いている。従業員がいたから、木工仕事はもっぱら任せて、機械設定と修理ばかりしていた。電気もメカも勉強した。

仕事は苦にならないけど、お金の管理はルーズで、仕事と金が繋がらない。仕事はするけど請求ができない。これは今でも曳きずっている。だから会社がつぶれた。責任感もなかったから、今思えば、従業員にはとても失礼なことをしたと悔やんでいるし、責められるべきだと思っている。もう、責める人もいないが。

パソコンは機械カタログで見た外国製のPET、コモドール、タンディラジオジャックに魅せられて始めた。RAM,IO,ASCII、マイコン といった雑誌を読みあさり、ショップへ通った。FDD320KB、8000円の時代。モデムとカナ文字で最先端の通信をした。便利と言うより、調整や設定時間の方がずいぶん長かった。

合板の開発、大学や産業試験場とのお付き合い、パソコンを巡るあれこれでお付き合いを頂いた。木工、自販機の修理、中古機械の整備、なんだかんだとうだうだしていた。

DSCN0228t

木造建築プレカットに延べ7年間勤めて、建築を学んだ。建築士の勉強をし、研修に行き、打ち合わせ、入力、梁伏せ、機械操作、修理、いろいろやらせて頂いた。もともとはCAD担当で誘われたのだけれど、あれこれと忙しい時期だった。

プレカットで覚えた建築の知識が縁で、プレカット機械の開発に誘われた。最初の仕事は、登り梁l斜め梁加工機。画面作成と加工検証をした。これは今でも続いている。

2008年12月3日水曜日

これが、わしじゃああああ。

KC3A0019KC3A0005 

覚王山アパート をまたまた訪ねてカレンダーをゲット。うまいね。素材は和紙です。

針金細工八百魚 で似顔絵を作ってもらった。似てるかどうか、会いに来て下さい。

12月17日は、忘年会を行います。都市の森再生工房でね。

しかし、アーティストってすごい。脳の構造が違うんだ。センサースイッチがたくさんあるか、敏感なのか。それにしても忙しい脳なのだろうか。それとも、どこか抜けていてバランスが取れているのだろうか。余り敏感で雑音に振り回されても仕事にならないだろう。やはりどこか、一点集中主義で、エネルギーが集中できるのだろう。

針金やさんは、かっこいいやさ男。すっごい素敵なモノが、ちょっと安い値だと私は想う。

あと、万華鏡専門店 がある。この品そろえはすごい。東急ハンズや科学館にたくさんあるけど、ここのもすごい。貴族のおもちゃだと聞いたことがある。そりゃ鏡だのガラスだのは高貴な人のものなのだろう。労働者がこんなものを見て遊んでいるヒマはない。お金持ちのお嬢ちゃんが買ってもらったのだろう。僕は知らないけど、ひょっとしたら、カルチェとか、ダンヒルなんかも製品があったりするんだろうか。誰か知っていたら教えて下さい。モノマガジン にでも載っていそう。

ではまた。

2008年11月20日木曜日

樹皮処理の関心

木の皮の処理をどうしましょう、と言うテーマです。そのまま燃やしても良いのですが、大規模設備と量産ならそれでも良いのですが。中小の工場や、町村単位での処理だと、つまりその、みじかな物は身近で処理したいと、地産地消という、アレですわね。

ペレット、オガライト、ブリケット。夏場から造ってストックし、冬場にみんなが使ってくれれば、それは回っていくのであって。

樹皮IMG_2662 

杉樹皮。機械で皮を剥いて、さらに粉砕器で処理している。しかし、ペレット、ブリケットなどには更に細かく粉砕しなくてはならない、らしい。そして乾燥。そう言った原料ができると、ペレットなりブリケットは木材より比較的容易にできる。形だけはね。

 P1060142pllet_product2

上記はオガライト工場。オガライトはスクリューで押し出す。熱も外から200度近く加えている。一方ブリケットは、熱は不要でシリンダーで押し出す。ペレットに近い。

オガライト  P1000335s

オガライトは、比重が高く(1.2g/cm3)上質の木炭にできる。右は炭の完成。800度くらいまで上げる。備長炭として、機能上は規格をクリアしている。

薪とブリケットの役割分担は、人がいる時は、薪をくべる手間と炎を楽しむ。寝る時にはブリケットを入れて一晩くすぶらせる。炭も同様に、炎が出ず、一定の高い温度を継続して使えるところが便利だ。

オガライトの真ん中の穴は何だ?答えはスクリューの軸の穴だ。蒸気を逃がしたり温度の均一性を保つ役をしているという。炭に焼く時に均一に熱を熱を通し、割れや変形を防ぐという。

 DSCF1830s DSCF1831

皮ペレット、剪定枝をペレットストーブで燃やすと赤々と燃えたまま、形が崩れない。あとにそのまま固まってクリンカが残る。全木ペレットを燃やす時、灰は粉になる。クリンカは電動式自動灰出し機能を詰まらせる。

これも私の仕事。

東浦町 於大公園 間伐材ベンチ

 P1000347s P1000348s

愛知県東浦町於大公園に、Foeジャパン、森のプレゼント事務局は、豊田自動織機(株)からの環境貢献事業により、杉間伐材ベンチを寄贈しました。

身近にある資材をきちんと使って行こう。足りないところは補って行こう。環境や他の生物ではなく、未来のわれわれの子孫のための行動だと、思います。

P1000350s P1000352s

  手を掛けて愛着を育むこと。

いつかは捨てられますが、惜しまれて捨てられるようになって欲しいと、願います。

2008年11月10日月曜日

エライ本を見つけて、、、 古本写真

古本屋で写真集(冊子)を買った。タイトルが、”岩波写真文庫 愛知県”、発行年1957年とある。私の産まれた翌年。つまり、冊子編集時間を引くと、”私が産まれた年の写真”という事になる。ふーん、犬も歩けばオヤジも歩く、という諺(?)とおり、棒に触れるものだ。

http://picasaweb.google.co.jp/toshinomorikobo/1957?authkey=VV9jAH1yx6Y#

Save0002 Save0006

(こういうモノの著作権は、何年だろう? しかし、ネット上は想定外で、法がないかも?)

名古屋のミシン、紡績工業は日本一と言うし、瀬戸も日本一。守山市があって、自動車産業は、挙母市が日本一。守山市は現守山区。挙母市は豊田市になった。織機工場がが刈谷にあった。

あれから、50年かあ。半世紀、都会と田舎という違いじゃないよな。別世界だなあ。

2008年11月1日土曜日

尾頭のクス 終章

  R1021562_S400

そこには森があった。森と空の中に、点々と家があった。クスノキは森の一部に過ぎなかった。いろいろな生き物の中の、たんに一つに過ぎなかった。

幾度となく時の波が寄せては、いろいろなものをさらっていった。木々をさらい、獣をさらい、草花をさらい、鳥をさらい、虫をさらい、空をさらい。そして、人が押し寄せ、田畑が押し寄せ、道が押し寄せ、家が押し寄せ、やがてアスファルトとコンクリートがあたりを埋め尽くした。

人と森と住処が遠のき、樹への親しさが遠のき、頼る人、祈る人が遠のいた。

やがて、大きなクスノキは、いらなくなった。

DSCF4796T

憩う場所が欲しかった。あれを妄う場所が要る。

あの樹の跡へ、この木を置こう。

木陰に似合うと思ったけれど、そこはまぶしい。

2008年10月19日日曜日

ラクゴの楽しみ 千両ミカン

おもしろくないから流行らない、という枕を聞いたこともある。結構いろいろな人が演じているが、難しいらしく、どうもあまりわっと沸かない。

真夏にミカンを探す、と言うこの話。今の我々にはピンと来ないが、ミカンは冬の物。冷蔵保存手段のない古き時代には、夏6月にミカンなど、とんでもないこと。そのミカンを探して奔走するお店の番頭さん。

そもそもの出だしにも無理がある。庄屋の大事な息子が病で倒れた。原因を探ってみると、”ミカンが食べたい。ミカンを食べないとあと数日の命だ、、”という。

オチはあまり期待しない。その前が演者の力の見せ所。ミカンを探す番頭と、真夏にミカンを提供するミカン問屋の商魂。どこをどうやって聞かせるか。どこで持ち上げて、どこで落とすか、語り部の知恵の絞りところ。工夫次第でおもしろくなりそう。そのまま演じては、ちょっと心許ない。

いろいろ聞いてみたい話の一つです。

「日本賞」教育番組国際コンクール 10/22~28

http://www.nhk.or.jp/jp-prize/index_j.html

教育番組のコンクールである、日本賞 エントリーと審査が始まる。これを毎年楽しみにしている。この一年間世界で放映された教育番組、ドキュメンタリーの中から優秀番組がエントリーされて、テレビ放映されるのだ。
コンクールのおもしろさは、テーマもさることながら、写し方、取り上げ方、構成の仕方にそれぞれのお国柄、工夫があって感心することがおおい。同じテーマを異なった環境の国で、異なった基準で、異なった観点から捕らえると、問題点がどこにあって、どうすればいいかなども、自分がこれまで持っていた基準と異なってしまう。我々の評価基準こそが、問題の原因だったりして、解決すべき問題だと思っていたのが、そのままの方が正解だったりする。もっとも、正解なんて物はなくて、どっちへ転んでも不満だらけと言うことは、まま多い。結局は、関わる人たち自信の満足度で評価が決まる、のではないだろうか。
審査を終えて、今度の土日は、終日放映されることだろう。万全の体制で録画に挑まないと。